【本】 奇跡のリンゴ

知り合いのWEBプロデューサーの方と何かの流れで農業の話をしているときに、「すごいリンゴ農家の話がある」といって紹介してもらったのがこの本。

何気なく読み始めたのですが、この人はすごい。

泣きました。

NHKのプロフェッショナルで取り上げられた青森の木村秋則さんというリンゴ農家の方が、「無農薬リンゴ栽培」(有機栽培ではなく全く農薬を使わない)にチャレンジして、10年近くかかってそれを成し遂げるまでの物語をノンフィクションライターの方が書いた物語なんですが、その10年間のチャレンジというのが半端なものではないんです。

リンゴという果物は4000年くらい前から食べられていたみたいなんですが、当初は今よりはるかに小さくて酸っぱい果物だったのを、19世紀に植物の交配術が確立されてから品種改良を重ねて今のような甘くおいしい果物になったそうです。その過程で農薬の発明もあり、今や我々が食べているリンゴは農薬を使って栽培をしないとすべて害虫に食べられてしまってまったく収穫ができないそうなんです。木村さんは、奥さんが体質的に農薬に弱いという事情や、偶然の本との出会いなどから、「なんとか全く農薬を使わずにリンゴを作れないか」と思うようになります。ちなみに、お米とか他の作物は比較的無農薬でも栽培できるものはあるみたいなんですが、あの甘くて木になっているリンゴは特別難しいということのようです。

私が一番衝撃を受けたのは、その10年間のチャレンジの間の木村さんの粘りとそれを支える家族です。
詳しくは書きませんが、これはさすがにへこたれそうだなというエピソードが一つや二つじゃなく、たくさんたくさん出てきます。私はプロフェッショナルの映像は見ていませんが、本の記述だけでそれがいかに大変であったかは伝わってきました。

プロフェッショナルの木村さんの映像を見て、自殺をしようと思っていたけど思いとどまったという若者から電話をもらって

「死ぬくらいならその前には一回はバカになったらいい。ひとつのものに狂えばいつか必ず答えにめぐりあうことができるんだよ」

といったそうです。

「狂う」ほど一つのものを追いかける。

なかなかできることではありません。
すごい話にめぐりあいました。

UQ WiMAXモニター、あえなく落選。。

宮田 拓弥 様

このたびは、UQ WiMAXモニターに、ご応募いただきありがとうございました。応募者多数のため、今回は残念ながら宮田 拓弥様のご希望におこたえできない結果となりました。お忙しい中、ご応募いただきましたにもかかわらず、ご要望に沿えず誠に申し訳ございません。

ということであえなく落選です。。
木曜日から始まるんですね。。

【本】 ぐるなび 「No.1サイト」への道

表題のとおり、日本のNo.1グルメサイト「ぐるなび」の起業から今に至るまでのストーリーを創業者の滝会長が書いた本。

序文に

「理科系の方々、技術系の方々に特に読んでいただきたいと願っている。これからの時代、エンジニアが経営に携わるチャンスがますます大きくなっていくのは間違いない。それには単なる技術だけのスペシャリストというのでは、起業も経営も成功するのは難しい。人と社会に関する観察眼および分析力と配慮が欠けていたのでは、ビジネスモデルを構想し実現することはできないだろう。」

とあるとおり、もともと滝会長は東工大を出て三菱マテリアルでサラリーマン生活をしてという。「ぐるなび」のサービスとその経歴のギャップがなかなか面白い。

なんでぐるなびは交通広告の会社の子会社の新規事業として出てきたのかと不思議に思っていたけど、駅で展開した結婚情報サービス「JOYJOYブライダル」の話なんかを読んで妙に納得しました。

Mobile World Congress開幕しましたね。。

去年は参加をした世界最大のモバイルの見本市ですが、今年は東京から見守ってます。

これからいろんなニュース出てくると思いますが、Lucentが発表したテレビ電話ベースのARが欧州で採用というのが気になりました。。ビデオ見ると、かなり遅いけど実用に乗るのかな??

日経ネットマーケティングコラム「「場」が価値が生み出す新しいケータイ有料課金ビジネス」 UPしました。

「場」が価値が生み出す新しいケータイ有料課金ビジネス

昨年の9月から連載をさせていただいている日経ネットマーケティングのコラム「ケータイマーケティングNEXT」が無事最終回となりました。

マーケティングという切り口で自分の頭も整理できたので、とっても良かったです。
連載ものは時間的、体力的には厳しいですがやっぱりいいですね。

読んでくださった方ありがとうございました!!

【本】 夢を力に 本田宗一郎

先日ユニクロの柳井社長の講演で、尊敬している日本人の経営者として名前があがった本田宗一郎と松下幸之助。

恥ずかしながら、どちらの名経営者の著作もほとんど読んだことがなかったので、早速それぞれの著作で人気のあるものを一冊ずつAmazonで購入。

これは今も続いている日経新聞朝刊の「私の履歴書」の本田宗一郎の連載をまとめたものです。

ホンダ設立前にも部品メーカーをやっていてそれをトヨタに売却している経緯や、二輪のドリーム号やスーパーカブが生まれる経緯(箱根を登る試走のエピソードは感動もの)、二輪から四輪へ挑戦する経緯など初めて知りましたが、信念を貫いて新しいものを作りつけづけた本田宗一郎という人の破天荒な魅力にすっかり惹かれてしまいました。

そんな技術屋の本田宗一郎でも、何度か訪れた不況の逆境に「ヤリの名人は突くより引くときのスピードが大切である」とどこよりも早く生産調整をして、苦境を乗り切った、それがその後の本田の底力になったと振り返っています。勉強になります。

GMとかIntelとかの経営者の自伝ばかり読んでましたが反省しました。

【本】 フォーカス・リーディング

ユニクロの柳井さんの講演で「昔は一日に一冊本を読んでいた」と聞かされ、「全然ムリ!」と思い本屋でたまたま見つけた速読の本を購入(単純)。

この手の本を読むのは初めてなんですが、理論はなんだか怪しい感じ(笑)
著者の定義によれば、

初級 一分間2000字/新書4ページ
上級 一分間4000字/新書8ページ
達人 一分間10000字/新書20ページ

というのが目安らしいです。

目の前にあった新書で試してみると、私は大体4ページくらい、まさに初級ですね。

どうやったら二倍になるんだろうか。。

眼の動かし方とか細かいトレーニング方法がいろいろと出ているので、朝からまじめにやってみたりしました。結構疲れる。。

ユニクロ 柳井正社長 講演

先週、企業家倶楽部のイベントで、ユニクロ柳井社長の講演を聞く機会がありました。

この不況下で新商品ヒートテックを爆発的なヒットにするなど圧倒的な力を見せつけている柳井社長の講演ということで、会場も満員でとっても熱気がありました。

この後にメモを載せますが、ただただひたすらに圧倒されて、背筋が伸びる一時間でした。これだけの実績をあげて世間からもリスペクトされていながらも、おごらずに成長を続けようとしているその姿勢にただただ感服しました。目標というのはおこがましいですが、一歩でも近づけるよう努力したいなと。


・「経営とは本の両端から同時に読み始めるようなもの」
大願、目標を決めて、そこに向かって考えないとダメということ。
・「自分の産業のことはその業界の業界紙の記者よりも知らないといけない」
・「謙虚でないといけない」いろいろな人に協力をしてもらうためには大事。
・「経営者一人が目標を持ってもだめ」会社が大きくなれば仕事をするのは部下。目標の共有がとても大事。
・「見識の高さが重要」優秀な部下が集まってきたときに一緒に仕事ができない。
・「「実行」⇔「考える」の繰り返し」このどちらかがかけてもダメ。
・「利益重視」「売上」を上げていればいいという人がいるが、本質的に生み出している付加価値は利益に現れる。
・「実績を上げれば信頼される。自然と情報が集まってくる」情報は取りに行かないと、というのはウソ。
・「世の中が悪いからという人は失敗する」成功は世の中が決めるもの。
・「自分で自分の評価をしない」必ず上には上がいるということ。
・「すべてのセオリーを知らないとだめ」世の中に新しいことはないということ。
・「一日一冊本を読む/これから経験することはすべて本に書いてある」今でも一週間に一冊は必ず読んでいるとのこと。
・「コツを知っている人が成功する」頭でなく体で仕事をする。
・「毎日がオープンした日と思え」毎日考え抜くことが大事。イトーヨーカドーの伊藤元社長の言葉で「前始末」
・「小成功ではダメ/大成功すべし」
・「店は客のためにある、店員とともに栄える、店主とともに滅びる」
・「自分で新しい産業を興す気概で」世界はとてもspeedyに変化をしている。
・「一攫千金はない」
・「不況は世界が変わるチャンス」成功している会社はどこも創業時のビジネスを今のビジネスは変化している(IBM「はかり」→「IT」/東レ「レーヨン」→「カーボン」などなど)
・「ライバルを持つことが大事」柳井さんは、ソフトバンクの孫さんや日本電産の永守さん。
・「成長は一生続けられる」成長の限界を感じたら引退する。
・「トップダウンがなければボトムアップはない」

オリンパスさんとの提携の強化

先週、日経本紙朝刊にも記事を掲載していただきましたが、技術パートナーであり株主でもあるオリンパスさんとの提携を強化したことを発表しました。

日経:オリンパス、ジェイマジック社と画像認識関連事業の提携強化
リリース:オリンパスとジェイマジック、画像認識関連事業における提携を強化

オリンパスさんとは、これまでも様々な面で連携をしてきましたが、今回の提供強化のポイントは以下の三つになります。

————————————————————————————–
■ 販売面での相互連携
これまでは、オリンパスさんの開発されたオブジェクト認識技術を弊社がライセンスしていただき、自社の製品に組み込んで販売するという形が中心でしたが、今回、弊社の画像認識プラットフォーム「SAYL2(セイルツー)」を、オリンパスさんにも販売していただくことになります。オリンパスさんやそのパートナーさんにSAYL2を販売いただくことで、これまでにはなかった新しい販路を開拓できると期待しています。

■ 新しいプラットフォームへの展開
リリースの中にも書いてありますが、これまで注力してきた携帯電話に加えて、デジタルカメラ、デジタルサイネージなど、様々な画像の入力・出力機器へと展開を広げていきたいと考えています。デジタルカメラもEyeFiのようなものの出現でよりネットサービスとの連携が期待されますし、デジタルサイネージの視認率調査への応用は大きな盛り上がりを見せている分野です。これまで携帯電話向けてで培った技術的・マーケティング的ノウハウを活かして、新しいプラットフォームでもリーダーになりたいと思っています。

■ 新技術・サービス開発
具体的には書きにくい部分ではありますが、新しい技術を追加していく部分やサービスとして新しい機能・データベースを開発する部分なども積極的に行っていきます。

————————————————————————————–

デジカメ本体や携帯電話に顔認識機能が載っているというのは言わずもがなですが、Appleの画像管理ソフトなどにも顔認識機能が搭載されるなど、数年前とは比べ物にならないくらい画像認識関連技術の応用が浸透してきている感じです。

3年以上前からこの分野に取り組んできているジェイマジックとしても大きなチャンスが来ていると感じています。

オリンパスさんという強力なパートナーの力をお借りしながら、この分野でのリーダーというポジションを築いていきたいと思っています!